「4人家族」の初海外旅行inスペイン(2014-年末)

新婚旅行で行ったスペインに、「家族でいつか行きたい」と口にしたことから、結婚14年目に遂に小5、中1の娘を連れ、実現‼
言葉も通じず、ハプニング続出でしたが、家族の絆を深める旅となりました。
旅の計画をたてている人に、観光よりは旅のバイブルとして、お役にた立てれば、と思います(o^^o)。

マドリード20時間 < 8 > アトーチャ駅へ

12月27日、8時過ぎ。あたりは、ようやく 明るくなり始め 夜明けの感じです。朝食前は、まだ暗く、朝は静かです。


レジーナホテルの前が、タクシー乗り場になっていて、何台も停まっていました。

ドライバーはスペイン人ではなく、小柄な外国人でした。スペインでは、英語を話せる人が少ない中、英語が話せるドライバーだったので話がはずみました!


レンフェの予約の紙を見せ、アトーチャプリーズで、通じたようです。JAPANのことも、結構知っていました。

新潟から来たわたしが、「アイ フローム スノー タウン」 と言ったら、会話が終わった。

雪国を表現したかったのだけど、何と言ったら良かったのかな?

ドライバーの頭の中は、???だったことでしょう。


料金は、たったの2.9ユーロ。4ユーロ渡すと、チップをすごく喜んでくれました(o^^o)。

5分足らずで到着。昨夜は寒い中、すご〜く歩いたんだけどね。朝イチで、道が空いていたお陰ですね。

タクシーさん ありがとう。

夜が明けた感じです。



アトーチャ駅


駅に到着すると、直ぐに 荷物を赤外線カメラでチェック‼


そこを通過すると、本屋、土産、ファーストフードなどのお店が沢山あり、待ち合いの椅子に座る娘たち。

娘より、親の方が好奇心いっぱいで、あちこち見て回りました。

ホームへ行くまで、またチェックがあり 入場できるまで、飛行機みたいに 待つのです。


いざ、その時が来ると ピーっと、紙をチェックしてもらいます。


自動ドアを通過し、エスカレーターで いざホームへ。

この時、すでに予定時刻。予定時間に着くのかなぁ。


レンフェ、かっこいい‼ 旅に来てる実感がある‼ なんだかドキドキして来ます(o^^o)。

色々な国籍の人で、席は ほぼ満席です。


いざ、グラナダへ4時間半の列車旅の始まりです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。