「4人家族」の初海外旅行inスペイン(2014-年末)

新婚旅行で行ったスペインに、「家族でいつか行きたい」と口にしたことから、結婚14年目に遂に小5、中1の娘を連れ、実現‼
言葉も通じず、ハプニング続出でしたが、家族の絆を深める旅となりました。
旅の計画をたてている人に、観光よりは旅のバイブルとして、お役にた立てれば、と思います(o^^o)。

グラナダ アルバイシン の 巻

12月27日. pm5:00 日本の冬とは違い 明るい夕方です。


アルハンブラ宮殿のチケットを手に入れ フラメンコの予約も出来た私たちは、アルハンブラ宮殿の夜景を 見に、いざ アルバイシン地区へと 足を踏み出しました‼


スリ、ひったくりが多いから バス利用をすすめるブログの書き込みが多かった のですが、歩いている人が 沢山います。


何気ない風景が、スペインを感じさせてくれます。

家の門、カッコいい!

石畳み も素敵(*^^*)


どの位 歩いたのか 細い道を登ると、サンニコラス広場に到着しました。

すごい、人‼ 人の山‼

すりに気をつけなきゃ‼


とりあえず、写真を撮ろうとiPod touchを出すと、操作不能に(≧∇≦)‼

写真が撮れないだけでなく、見ることすら出来ないなんて....。

主人のカメラと、娘のiPod touchがあるものの、落ち込みました。

そろそろ、寿命なんでしょうね。

主人撮影のアルハンブラ宮殿


人ゴミの、後ろから撮影してみた


クローズアップしたアルハンブラ宮殿


フラメンコは、21時から。それまで、夕食を食べるだけだから アルハンブラ宮殿の夜景を見ようと、登ってきたけど、すっごく寒いし ごちゃごちゃした人ごみに圧倒され 日暮れまで 待つ気になれず、そのまま ヌエバ広場に降りることに しました。

途中にカメレオンのマンホール


細い路地は、みんな コンクリートになっています。

くねくね 曲がり迷子になりそう。

来たときと、違う方に歩きだしたら、もう その道を下るしかありません☆*:.。. o(≧▽≦)o

途中で 黒いボストンバッグが 道端に 置いてありました。ファスナー全開です。

ひったくりか、置き引きされた鞄でしょう。カネめのものだけ取って 捨てたのでしょう。なんだか、観光気分が 吹っ飛び ぞっとしてしまいました。

明るいのに、この道は 私たちしか歩いていません。女だけで歩けば、何が起こるか(≧∇≦)。恐い,恐い!

ずいぶん下まで降りてきました。


ようやく、下まで降りてきました。ここは、アルハンブラ宮殿とアルバイシンの堺の道です。


主人だけ 一歩前を歩いていたときです。背後から口笛を吹いた 若者が、5.6人で 私たち3人を囲むように 接近してきたんです。


さっきのボストンバッグが頭から離れず とても 怖くて、前方に早歩きし 主人に声をかけました。

すると、若者たちは、私たちを追い越して行ってしまいました。


左は川。右は路地が沢山あり 小さい私たち3人を男5人で路地に連れて行かれたら....と思っただけで ぞっとします。


主人は勘違いだって言うけど、夕暮れどきの こわ〜い思い出です(≧∇≦)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。