「4人家族」の初海外旅行inスペイン(2014-年末)

新婚旅行で行ったスペインに、「家族でいつか行きたい」と口にしたことから、結婚14年目に遂に小5、中1の娘を連れ、実現‼
言葉も通じず、ハプニング続出でしたが、家族の絆を深める旅となりました。
旅の計画をたてている人に、観光よりは旅のバイブルとして、お役にた立てれば、と思います(o^^o)。

スペインの洗濯機事件の巻

2015.12.29 バルセロナのアパートメントで、ランチを終え それぞれが自由時間となりました。


娘が、日本の友人にLINE電話で 話し中‼ 意外と、会話できてる!

すごく ビックリ‼


だって、通話料 無料なんですよ。

時差8時間だから、日本は 夜の11時近く? とにかくiPod touchって、かなり すごいもんだ!と 実感しました。





そして、私は 洗濯機があるアパートメントで 洗濯をすることに。


使い方は、英語とスペイン語で よくわからないけど、衣類入れ 専用洗剤入れて、蓋をして スイッチオン!




ところが いつまでたっても水が出てこない。心配になりドアを開けようとしたけど、開かない(≧∇≦)


ネット検索すると スペインの洗濯機に日本人は悪戦苦闘している記事が、たくさん出てる。



しかも、対応策は出てない(≧∇≦)


私は、iPod touchで写真をとり、街へ行ってみました。


英語を話せる人が、まず いない。

ようやく話せる人へ写真を見せると、こんなシステム知らない!と。


英語を話せる人がいる店まで連れて行ってもらったけど、同じでした。


しかたなく、美人の管理人に電話をしたけど、私は行かれない、アイム ソーリー‼ てすって。

電話を切った同時に、主人が一言。


開いたぞ。


熱い洗濯機から、焦げた白いシャツや、焦げた匂いが。

大丈夫なものも。


靴下小さくなりました。


結局、再チャレンジする気持ちにはなれず、手洗いして大判バスタオルで巻き脱水。一晩で乾きました。


きっと、設定ミス。

乾燥9時間コース?


自動的に止まったのかもしれない(≧∇≦)。


大した事件にはならず、旅の思い出のひとつになりました。


食洗機は、洗濯機に凝りて使用せず手洗いにしました。


英語が、もっと出来たらこんなことにならずにすんだのに(≧∇≦)



まあ、

ようやく、夜のバルセロナに 繰り出せる(*^_^*)。

良かった 良かった(*^^*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。